タイトル

【女性向け】印象アップ!お見合いの服装とは?3つのポイント

「お見合いが決まったんだけど、何を着ていけばいいの…?」と困っている女性へ。

お見合いで好印象を与えるためには、服選びは重要。

第一印象が悪ければ、交際には進まないでしょう。

そこで今回はお見合いの服装(女性編)として、どのようなファッションにすればよいのか紹介します。

スカート・ワンピースが基本

女性らしさを引き出す服装と言えば、スカートやワンピースです。

普段パンツ派の女性でも、初対面ではデニムやスニーカーのようなカジュアルな服装はNGです。

困ったらワンピースを選ぶのがおすすめです。

シンプルなデザインで、膝丈くらいの長さがお見合いにぴったりです。

色は白やベージュ・淡いピンクなど明るい色合いを選ぶと、表情も明るく見えます。

清潔感があり、女性らしさをアピールできるスカート・ワンピースなら、相手に好印象を与えることができます。

コンパクトなバッグを合わせる

お見合いに着ていく服装が決まったら、コンパクトなハンドバッグを探しましょう。

お見合いに必要なものは、お財布・ハンカチ・メイク道具くらいです。

ベーシックなデザインで、小ぶりなバッグを選びましょう。

高級ブランドバッグは、男性に「お金がかかりそう」という印象を与えてしまうので避けます。

お付き合いしていく中で「相手もハイブランドが好き」と分かれば、少しずつブランドバッグを合わせるのはOKです。

男性から「また会いたい」と言われるために、最初の出会いは”誰にでも好かれるファッション”を目指しましょう。

5cm程度のヒールがちょうどいい

お見合いでは、ぺたんこの靴やスニーカーはNG!

ヒールのない靴はカジュアル過ぎますし、ピンヒールは男性よりも身長が高くなってしまうリスクがあります。

高すぎず低すぎず、5cm程度のヒールが向いています。

ヒールを履き慣れていないなら、2〜3cmのローヒールでも構いません。

ストッキングは肌色に近い色を選びましょう。

伝線したときに備えて、バッグに予備を入れておくとよいでしょう。

「オシャレは足元から」と言うように、靴にも気を抜かないようにしてください。

まとめ

今回はお見合いの服装(女性編)として、どのようなファッションにすればよいのか紹介しました。

スカート・ワンピースを基本とし、ふんわりと柔らかい雰囲気を演出しましょう。

バッグはブランド物を避け、コンパクトサイズを合わせます。

足元は5cm程度のヒールにし、女性らしさをプラス。

結婚相談所のお見合いでは「いかに次につなげられるか」が大事ですから、第一印象は重要です。

今回の記事を参考にして服装を選び、チャンスを逃さないようにしましょう。